メープルシロップで照り焼きのたれ!鶏の照り焼き&ぶりの照り焼きレシピ

食事系レシピ

メープルシロップの得意和食の一つに、照り焼きがあります。

砂糖ではなく、メープルシロップを使ってたれを作ります。味わい深く、照りもきれいです。ご飯が進む濃い目の味です。

照り焼きのたれの割合は、日本酒2:醤油2:メープルシロップ2:みりん1

一度覚えると、失敗なく作れます。

定番の鶏の照り焼きと、ぶりの照り焼きを紹介します。

鶏の照り焼き

材料

・鶏もも肉       1枚

・日本酒      大さじ2

・醤油       大さじ2

・メープルシロップ 大さじ2

・みりん      大さじ1

作り方

1、プライパンにサラダ油(分量外)を入れ、中火にかけます。

鶏もも肉は、皮目を下にして入れます。

ひっくり返すまで、もも肉を動かさないことが、皮をパリッとさせるコツです。

皮から出た油を、キッチンペーパーでふき取ります。

2、調味料すべてを一度に入れます。

焦げやすく泡が立つので、ここから火を弱めます。

たれをスプーンでもも肉にかけながら、1分程度焼きます。

蓋をして、弱火でさらに5分程度火を通します。

3、8~9割くらい火が通ったら、もも肉をひっくり返します。蓋を開けて、完全に火を通します。

4、食べやすい大きさに切って、盛り付けます。フライパンに残ったたれも、かけてください。

お好みで、塩コショウを追加してもいいでしょう。肉を焼く直前にふってください。

ぶりの照り焼き

材料

・ぶりの切り身    3切れ

・日本酒      大さじ2

・醤油       大さじ2

・メープルシロップ 大さじ2

・みりん      大さじ1

・下味 ( 日本酒 大さじ1、醤油 大さじ1・しょうがのしぼり汁 大さじ1)

作り方

1、ぶりの臭みを取るために、下味をつけます。

日本酒、醤油、しょうがのしぼり汁を混ぜたものに、20分程度漬けておきます。途中上下を返します。

この汁は、臭みが移っているので、焼く前にきれいに拭き取ります。

2、フライパンにサラダ油(分量外)をひき、中火にかけます。皮が下になるようにぶりを入れます。

中火で2~3分。途中ひっくり返し、両面に焼き色がつくまで焼きます。

余計な油はクッキングペーパーで拭き取ります。

3、調味料をすべて入れ、さらに火を通します。

たれが煮詰まって、とろみが出てきたら火を止めます。

4、盛り付けて、出来上がりです。プライパンに残ったたれもかけてください。

まとめ

この照り焼きのタレは、豚肉やさわらの照り焼きにも使えます。

調味料を入れた後は焦げやすいので、火加減に気を付けてください。

メープルシロップは今回は、ベリーダークを使いました。ゴールデン以外のグレードならどれでも大丈夫です。

グレードって何?という方、こちらも読んでみて下さいね。

メープルシロップの種類って?グレード(等級)別オススメの使い方
カナダのメープルシロップには4つの等級があり、色や風味が異なります。繊細なゴールデン、定番のアンバー、コクのあるダーク、料理向けのベリーダーク。用途で使い分けて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました