さっぱりメープルピクルスレシピ(キュウリ・ミニトマト・パプリカ)

食事系レシピ

さっぱりおいしいピクルス。

ピクルスは、酢や砂糖などで作ったピクルス液に野菜を漬けた保存食です。

漬物ですが、日本では漬物とも酢の物とも区別されて、西洋風の野菜の酢漬けを指します。

定番は、短い小ぶりのキュウリですね。

ハンバーガーに入っている、輪切りのキュウリです。日本では手に入りにくいので、普通の長いキュウリで充分。

また野菜なら、なんでも漬けておいしくいただけます。

こちらで紹介するピクルス液、は砂糖を使わず、メープルシロップで甘味を加えます。

お酢の疲労回復・食欲増進効果に、メープルシロップの栄養効果が加わって、夏にも嬉しい一品です。

ピクルス液の作り方を覚えたら、すぐに簡単に作れますよ。

ピクルス

材料

ピクルス液

・米酢       2/3カップ

・水      1と1/3カップ

・メープルシロップ 1/4カップ

・ローリエ         1枚

・粒黒コショウ      10粒

・塩        小さじ1/2

野菜

・キュウリ  1本

・パプリカ  1個

・ミニトマト 7個

作り方

1、小鍋に、ピクルス液の材料をすべて入れて火にかけます。沸騰したら、火を止めます。

2、野菜の準備をします。

キュウリ、パプリカは、食べやすい大きさに切ります。乱切りでも輪切りでもお好みで。

私は瓶の高さに合わせて拍子切りにします。

ミニトマトは、楊枝で4~5か所穴をあけておきます。

3、水気を切った野菜を瓶に詰め、1のピクルス液を入れます。野菜がすべて浸るまで入れてください。

4、冷蔵庫で1日置けば食べられます。

冷蔵庫で保存し、1週間程度で食べきってください。

アレンジいろいろ

ウズラの卵のピクルス

野菜は他にも、人参、カリフラワー、カボチャなど、お好きなものを漬けてください。

人参など固い野菜は下茹でして漬けましょう。

意外なところで、ウズラの卵の水煮もおすすめです。

ピクルス液はお好みで

ピクルス液も、お好きな割合で試してください。

酢と水の配合で味が変わります。

今回は酢よりも水が多め、あっさりとサラダ感覚でつまめるピクルスです。

保存向きのピクルスは、水より酢の分量を多くします。

また、ピクルス液には、お好みのスパイスやハーブを入れましょう。

我が家は子どもがいるので使いませんが、ニンニクや赤唐辛子は定番です。

クローブやシナモンもピクルスに合うハーブです。

日持ちするピクルスを作るには?

我が家ではピクルスは冷蔵庫で保存し、早めに食べきってしまいます。

しかしピクルスはもともと保存食。お酢の抗菌力でかなり日持ちします。

しかし、菌が付いた状態では長持ちしません。きちんと消毒することが大切です。

日持ちさせるための煮沸方法を載せておくので、参考にしてください。

1、空の瓶の煮沸消毒

瓶詰めする前に、瓶を煮沸消毒します。

大きな鍋に、瓶と瓶がかぶるくらいの水を入れ、火にかけます。

沸騰したら火を止めて、そのまま5分置きます。

清潔な布巾に口を下にして置き、自然乾燥させます。必ずトングなどを使い、瓶を素手で触りません。

2、野菜の煮沸殺菌

洗っただけではだめで、野菜も切る前に一度茹でで殺菌します。

5分以上茹でて、自然に冷まします。

瓶同様、煮沸後は素手で触りません。

また、ピクルスとピクルス液は、瓶一杯まで詰めません。上部に少し空間があるように詰めます。

3、詰めた後の瓶の煮沸消毒

ピクルスを瓶詰した後、空気が入るくらいゆるく蓋をします。

瓶を湯煎にかけて煮沸します。大鍋に入れる湯量は、瓶の高さの8割くらい。時間は10分以上です。

4、脱気

煮沸が終わったら、少し冷まし、蓋を固くしめます。

空気が温められると膨張するのを利用して、わざとゆるく蓋をして空気を逃がし、真空に近い状態を作るのです。

固く蓋をしたら、瓶を上下逆さまにして冷まします。

 

ピクルス液を作るのがメンドウなら、メープルビネガーで漬ければ簡単にピクルスが作れます。

メープルビネガーて何?という方、こちらも読んでみて下さいね。

メープルビネガーって何?おすすめの使い方・飲み方は?
メープルシロップから作られたお酢、メープルビネガーってご存知ですか?おすすめの使い方や美味しい飲み方を紹介します。牛乳割りはお子さんにもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました