メープルシュガーって何?メープルシロップの美味しい仲間の使い方

メープル製品

サトウカエデの樹液から、メープルシロップは作られます。

最近話題のメープルウォーターは、カエデの樹液そのものですね。

サトウカエデの樹液からは、他にも様々な製品が作られます。

メープルシュガーは、カエデ樹液を固形にしたものです。

メープルシュガーとは?

製造方法

サトウカエデの樹液を煮詰め、およそ1/40、糖度66%になるまで煮詰めたものがメープルシロップです。

そのまま煮詰め続け、樹液の水分を完全に飛ばし、固形にしたものがメープルシュガーになります。

昔、砂糖が大変貴重だった時代、カナダではサトウカエデの樹液を煮詰め、ハードシュガーを作っていました。甘い茶色い塊を、ナイフで削って使っていたといいます。

栄養

メープルシロップを固形にしたものですから、メープルシロップ同様の栄養価があります。

カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルや、ビタミンB2などのビタミンが含まれます。

普通の砂糖より栄養がありますから、代用すれば健康的ですね。

保存方法

保存は砂糖同様、長期に常温保存できます。高温多湿、直射日光は避けてください。

形状はサラサラの粉末状や、ザクザクのフレーク状などがあります。お好みで使い分けてください。

粉末状は溶けやすいので、様々なシーンで使えます。

フレーク状はアイスクリームやヨーグルトのトッピングに。サクサクした食感が楽しめます。

メープルシュガーの使い方

砂糖代わりに

使い方は基本的に砂糖と同じです。

コーヒーや紅茶、ヨーグルト、ミルクなどとよく合います。勿論料理にも使えます。量も砂糖と同じ量を使います。

メープルシロップは料理に使う場合、液体なので混ぜりやすい反面、水分量を考慮しなくてはならないケースもあります。シュガーなら大変使いやすいです。

煮物に使うと、風味やコクが増します。お菓子作りもおすすめです。

メープルシロップは液体のため、長時間加熱すると、風味が飛びやすいのが難点です。そのため、ホットケーキにかけるなど、仕上げに使う方が多いのですね。

メープルシュガーは固形ですので、加熱しても風味が飛びにくいです。クッキーやマフィンなど、焼き菓子におすすめです。

メープルシュガー+水=メープルシロップ

メープルシュガーと水を2:1の割合でまぜるとメープルシロップになります。

小鉢などで混ぜてレンジで温めて溶かすと、琥珀色のメープルシロップの出来上がり。

メープルシュガーは常温保存できるので、要冷蔵のメープルシロップより、保管に気を使わなくていいですね。

一人暮らしで、たまにしかメープルシロップを使わない方は、シュガーとしても使えてシロップにもなる、このメープルシュガーが便利です。

 

メープルシュガーを楽天市場で探す

メープルシュガーをAmazonで探す

 

 

 

メープルシュガーを使ったレシピはこちらです。

簡単メープルナッツクッキーレシピ!メープルシュガーで優しい甘さに
生地はワンボールで材料を混ぜていくだけ。型も使わず、スプーンで生地を落とすドロップクッキーです。砂糖を使わず、メープルシュガーを使って、ふんわり焼き上げます。
パン耳ラスクをメープルシュガーで!オーブン簡単レシピ
メープルシュガーをまぶした、パン耳ラスクの作り方を写真付きで説明します。メープルシロップを使っても作れます。余り物のパン耳が、サクサクでおいしいおやつになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました